Daily Archives: 2015年4月21日

【調査】実は同じ声優が演じている驚きのアニメキャラクターランキング!!!!!!!!!!!

1: オムコシ ★ 転載ダメ©2ch.net 2015/03/12(木) 18:28:50.62 ID:???

no title

アニメキャラクターのイメージを最大限に引き出し、見る人を夢中にさせてくれる声優たち。
アニメキャラクターによって、自在に声を使い分けています。
そこで今回は、同じ声優が演じていた驚きのアニメキャラクターについて探ってみました。

■実は同じ声優が演じている驚きのアニメキャラクターランキング
1位:チーズ(アンパンマン)とカバオくん(アンパンマン)と銭形警部(ルパン三世)
2位:アナゴさん(サザエさん)とセル(ドラゴンボール)
3位:アンパンマン(アンパンマン)と来生瞳(キャッツアイ)と鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/026/IQlGwfaDlw0a/

1位に選ばれたのは《チーズ(アンパンマン)とカバオくん(アンパンマン)と銭形警部(ルパン三世)》でした。
彼らを見事に演じ分けているのは、声優界で「七色の声を持つ男」と評される山寺宏一。
『新世紀エヴァンゲリオン』の加持リョウジも演じています。
2位には《アナゴさん(サザエさん)とセル(ドラゴンボール)》がランク・イン。
のんびりとした普通のサラリーマン「アナゴさん」と、冷酷な「セル」の声を使い分けているのは、1945年生まれの若本規夫。
渋い声で定評のある若本規夫の演技力は、後輩の声優たちの憧れの的になっているとか。
3位に選ばれた《アンパンマン(アンパンマン)と来生瞳(キャッツアイ)と鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)》の声を演じる戸田恵子は、女優としても多彩な才能を発揮していますよね。
他にも、5位には、矢島晶子が演じる《野原しんのすけ(クレヨンしんちゃん)とアナキン・スカイウォーカー(スター・ウォーズ)》、
なはらしみきが演じる《野原みさえ(クレヨンしんちゃん)とみぎわ花子(ちびまる子ちゃん)》が第8位に選ばれています。
お馴染の人気アニメキャラクターたちが実は同じ声優だったなんて驚きですよね。
みなさんはどの声優の演技に驚かされましたか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月19日~2015年2月2日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)

http://news.mynavi.jp/news/2015/03/12/088/

Pocket

【ゲーム】iOS『リア充爆発しろ!』表現規制で「爆発」禁止にwwwwwwwwwww

1: オムコシ ★ 2015/04/17(金) 16:27:30.39 ID:???

UeharaLaboのiOS版『リア充爆発しろ!』が、表現の規制に対応したとして、
『リア充絶滅しろ!』にタイトルを変更し、ゲーム内容も刷新しました。

その理由についてUeharaLaboは、アップデート説明に「“リア充爆発しろ”な行為はテロ行為だと判断されたため、その表現の規制に対応しました」と記載。
これにより、「バージョン1.0.1」よりタイトルが『リア充絶滅しろ!』に変更されているほか、
ゲーム内の文章やエフェクトも「爆発」を連想させるものはすべて差し替えられている模様です。

■ゲーム内の変更点の例(変更なしAndroid版と変更後iOS版との比較)
・セリフ「リア充を爆発してくるのじゃ!」→「リア充に天罰を下しに行くぞ!」
no title

no title

・エフェクト“爆発”→“亜空間への吸い込み”
no title

no title

「リア充爆発しろ」という言葉は、もともと匿名掲示板から生まれた、
主に恋愛面などで現実の生活が充実している人に対して嫉妬していることを表すスラングで、“ネタ”として用いられてきた“決まり文句”のようなものです。
SNSなどでも気軽に使われ、ネット上では“ネタ”として広く浸透していました。

その状況をゲーム的に表現したのがアプリ『リア充爆発しろ!』だったわけですが、アップルの審査では「テロ行為」的であると判断された模様。
一度配信されたアプリが、差し戻される形で、タイトルやゲーム内の表現を変更させられることになったようです。

また、UeharaLaboのTwitterでは、以下のように経過を報告しています。

uehara @UeharaLabo
暴力行為でリジェクトでございます・・・
2015年4月2日 12:58

uehara @UeharaLabo
リリース前も同じ理由でリジェクト食らってて、結構表現抑えたんだけどな・・・

目立ったからちゃんと見直したパターンか・・・
2015年4月2日 12:59

インサイドでもプレイレポートが掲載されていますが、嫌味のないジョークとして落とし込まれた「爆発」は、ゲーム性やゲームの面白みそのものにも大きく関わっています。
今回の表現規制がはたして適切なものであるか、今後の配信アプリにも影響を与える一例となりそうです。

『リア充絶滅しろ!』および『リア充爆発しろ!』は、好評配信中で価格は無料です。

http://www.inside-games.jp/article/2015/04/16/86897.html

Pocket

【画像】ダンまち 世界に羽ばたく“例のひも”!!!デイリー・メール報道に海外の反応wwwwwwww

1: オムコシ ★ 2015/04/17(金) 16:29:50.70 ID:???

no title

現在、TOKYO MXほかで放送中のアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(ダンまち)に登場するキャラクター、
ヘスティアの服の“ひも”が、海外大手メディアデビューを果たした。

胸の下を通るような形で左右両腕の二の腕あたりで結ばれた“ひも”は、4月のアニメ放送開始直後から“例のひも(例の紐)”と呼ばれ話題沸騰。
Twitterでは、“ひも”によって胸が強調されたコスプレや、試しに“ひも”だけつけてみたという写真が次々と投稿され、ちょっとしたブームとなった。
そしていま、この“例のひも”は世界へ羽ばたこうとしている。

4月15日(現地時間)、英紙デイリー・メールがこの“例のひも”を取り上げた。
そこでは「日本の若い女性が、より良い谷間のためにひもを使っている」「コスプレだけじゃない。
普通の女の子もやってるんだ」と、実際にTwitterに投稿されているいくつかの画像と共に、“ひも”による胸の強調効果やアニメきっかけで起きたブームの流れを説明している。

また、同紙のコメント欄などには、海外の人たちの反応が続々。
「手術しなくても胸が強化されるのは良いね!」「アメリカでも普及しますように」「やっぱり日本人はヘンテコだな!」
「なんで日本人はそんなにコスプレが好きなんだ?」「これほんとなの?」などの声が上がっているようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10013863/

Pocket

【ラノベ/アニメ】『ダンまち』は“ヘスティアの紐”だけ? “なろう小説”をめぐって、ネット上では熱い議論が勃発!!!

1: オムコシ ★ 2015/04/13(月) 17:35:50.47 ID:???

no title

TVアニメ『ダンまち』公式サイトより。

今月3日より放送を開始したアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(以下、『ダンまち』)
に登場するロリ巨乳のキャラクター・ヘスティアの衣装デザインが斬新だと、ネット上で話題に。
一方、この盛り上がりと時同じくして、『ダンまち』を含む、いわゆる“なろう小説”について、ネット上では侃々諤々の議論が勃発している。

『ダンまち』は、大森藤ノによる小説を原作としたアニメ作品。
原作小説は、小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載されていた人気作品であり、その後書籍化(刊行はソフトバンククリエイティブ)、
マンガ化(刊行はスクウェア・エニックス)、そして今回のアニメ化と、まるで“シンデレラストーリー”を体現したかのような作品だ。

アニメで特に話題となっているのは、ヒロイン・ヘスティアの衣装デザイン。
このヘスティアは、胸の下を通って身体を一周する紐を身につけており、この紐によって胸が強調されるなどして、人気が爆発。
現在ネット上では、「薄い本はよ」「今期No.1のブヒれるキャラ」「もう社会現象」といった声のほか、多くの二次創作などが投稿され、
イラスト投稿SNS「pixiv」のキュレーションサービス「pixivスポットライト」でも特集が組まれるほどとなった。
しかし一方で、「(作品の)内容じゃなくキャラで注目を集めるのはよくない」といった声を始め、この“ヘスティアの紐”ブーム自体に対して冷めた声もある。
その背景には、『ダンまち』が「小説家になろう」出身であることも少なからず影響を与えているようだ。

『ダンまち』が連載されていた「小説家になろう」は、『魔法科高校の劣等生』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)
『ログ・ホライズン』(KADOKAWA/エンターブレイン)など、
近年アニメ化された作品の原作小説を数多く輩出したサイトであり、小説家志望者の新たな登竜門として盛り上がりをみせている。
反面、「小説家になろう」に投稿されている作品の多くが「異世界に転生した主人公がチート能力を手に入れ、無双してハーレム作る話ばかり」と言われ、
「同じようなテンプレ設定」「作者の願望丸出し」といった批判・揶揄の声も根強い。
そんな中、今月8日、KADOKAWA・メディアファクトリーの「MFブックス」が、マンガ家・鈴木みそのウェブマンガ「なろう小説入門」を公開。
マンガの中で、“なろう小説”を「剣と魔法と巨乳と貧乳」「パラレルワールドでもっふもふ」と表現する場面もあり、
面白いと賞賛する声が上がる一方、「“なろう小説”を矮小化して、バカにしている」など、ファンからはブーイングも起こり、“なろう小説”をめぐっての議論が巻き起こった。

その火の粉が『ダンまち』にも降りかかっているのか、
「ヘスティアは100点だけど内容は0点」「ヘスティアの紐だけのアニメ」「どうせハーレム化するんだろ」と、作品自体に対しては厳しい声も多い。しかし、一部では「なろう小説のテンプレ通りじゃないから面白い」との声も上がる『ダンまち』。
今後、“紐”以外でも評されるようになることに期待がかかる。

http://otapol.jp/2015/04/post-2784.html

Pocket

【速報】 selector WIXOSS、劇場版の制作が決定!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1: coffeemilk ★ 転載ダメ©2ch.net 2015/04/19(日) 20:53:08.87 ID:???
【速報】先ほど、イベントで発表させて頂きましたが、selectorの劇場版の制作が決定いたしました!! まだまだselectorは終わりません! 引き続き、selectorをよろしくお願いします(*^◯^*) (つかやん) #selector_anime #WIXOSS https://twitter.com/selector_anime/status/589751216587939840?s=09

Pocket