Daily Archives: 2015年4月24日

【アニメ】「じゃりン子チエ」テレビアニメ第1期が初BD化 6月24日発売!!!

1: ねこんぶ ★ 転載ダメ©2ch.net 2015/04/24(金) 17:26:32.76 ID:???

1981年10月より毎日放送ほかで放送されたテレビアニメ『じゃりン子チエ』第1期のBlu-ray BOX化が決定した。
テレビアニメ第1期がBlu-rayになるのは今回が初めてである。

『じゃりン子チエ』は、はるき悦巳さんが「漫画アクション」(双葉社)で連載していたマンガが原作だ。
単行本の発行部数は3000万部を超え、第26回小学館漫画賞を受賞するなど、高い評価を得ている名作である。
1981年4月にアニメ映画化され、同年10月からはテレビアニメがスタート。
1991年10月には『チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ』のタイトルで再度シリーズ化された。

映画とテレビアニメ第1期の総監督は『母をたずねて三千里』や『赤毛のアン』で「世界名作劇場」シリーズを手がけた高畑勲さんが担当。
アニメーション制作は東京ムービー新社(現トムス・エンタテインメント)が行った。

アニメ映画版ではキャストに吉本興業のお笑い芸人や関西で活躍する俳優を起用した。
テレビシリーズでも一部キャストは引き継がれており、主人公・竹本チエ役の中山千夏さんと、
竹本テツ役の西川のりおさんのコンビは人気を博した。

今回のBlu-ray BOXはテレビアニメ第1期の全64話を10枚のディスクに収録。
さらに主題歌やBGMを収録した特典CDも付属する。
このCDは2011年にリリースされた「TV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX」の封入CDと同内容となる。

外箱は原作者・はるき悦巳さんによる新規の描き下ろしイラストを使用する。
HDリマスターによって甦った『じゃりン子チエ』に期待したい。
発売日は6月24日、価格は38000円(税抜)を予定している。

『じゃりン子チエ』トムス・エンタテインメント紹介ページ
http://www.tms-e.com/search/index.php?pdt_no=20

「じゃりン子チエ Blu-ray BOX 初回限定版」
発売日: 2015年6月24日(水)
価格: 38000円(税抜)
商品仕様: ディスク11枚組(BD:10枚/CD:1枚)

no title

no title

http://animeanime.jp/article/2015/04/24/22995.html

Pocket

【!?】映画「暗殺教室」続編「卒業編」の制作決定!!!アニメの続編制作も決定!!!

1: ねこんぶ ★ 転載ダメ©2ch.net 2015/04/24(金) 18:21:21.55 ID:???

松井優征原作による実写映画「暗殺教室」の続編「暗殺教室~卒業編~」の制作が決定したと、
本日4月24日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶にて発表された。2016年に公開される。

潮田渚役の山田涼介が舞台に登場した殺せんせーの顔型をしたくす玉を割ると、中から「続編製作決定!!」の文字が。
また明日4月25日より全国の劇場では映画本編エンドロール後に、続編へとつながる予告編を付けることが決定した。
本日その映像も初披露。上原寿一プロデューサーは、すでに原作者の松井と打ち合わせをしていることを明かし、
羽住英一郎監督からの手紙を代読。山田は「僕も(続編について)今知ったばっかりなので」とうろたえつつも、
「どこまで(の内容を)次の作品で見れるのかイチ暗殺教室のファンとしても楽しみですし、出る側としても楽しみです」と続編に期待を寄せた。

映画「暗殺教室」は全国東宝系にて公開中。
なおアニメ「暗殺教室」続編の制作も本日決定した。

no title

http://natalie.mu/comic/news/145352

Pocket

【朗報】Go!プリンセスプリキュア、新キャラ・トワイライト声優に沢城みゆき!!!!!!!!!!!

1: xn--n8jl8bzczva3lxmm28u6vlqm1a9g1dfxuz25g.jp@圭ちゃん大好き ★ 転載するな©2ch.net 2015/04/23(木) 20:26:10.50 ID:???

 大人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)のシリーズ第12弾「Go!プリンセスプリキュア」の新キャラクター・
トワイライトの声優を、「ルパン三世」の峰不二子役などで知られる沢城みゆきさんが務めることが23日、分かった。

続きは
http://mantan-web.jp/2015/04/23/20150423dog00m200026000c.html

Pocket

【声優】平野綾さん、『寄生獣-セイの格率-』ミギー役への想いを語るwwwwwwwwwww

1: オムコシ ★ 2015/04/23(木) 12:49:09.03 ID:???

2015年04月23日(木)
テーマ:ブログ
放送が終わってから少し経ちますが、やっとアニメ『寄生獣-セイの格率-』を見終わりました。

最終話から3週間ほどですか。
世間ではもう実写映画版の公開が間近です。

意外とミギーについて話す機会がなかったので、この辺りで少しお芝居の解説を。

新一役の島崎さんとの対談がアニメディアに載っていたり、
DVD&Blu-rayのオーディオコメンタリーでお話しているのも是非参考にしていただければと思います。

元々この作品のファンで思い入れもあり、アニメ化に歓喜しましたが、
いざ自分がミギーを演じるとなると……。

プレッシャーもあって、始め「平野綾=ミギー」に一番否定的だったのは私自身だったのかもしれません。

しかし好きだからこそ、何とか現代版『寄生獣』の為にできることはないか……。
そう模索し続け、いつの間にかあっという間に半年が経過していました。

……演りきった、と思っています。

ミギーは常に、自分との戦いでした。

感情の抑制。
言葉のキャッチボールを禁止すること。
しかし機械ではなく肉感的な声の圧。

常に全体を通して成長段階を考え、今はそのどの段階にいるのかと毎回確認しながらの細かい作業。

アフレコ時は、まるでバトルものの作品のお当番回を毎話担当しているような、物凄い疲労と緊張感がありました。

私の場合……ですが、
機械を演じる時、骨組みを意識するように、関節と筋肉を固めていくイメージで声を出しています。

そこで一番難しいのは首の骨と顎、顔の筋肉。

ここを如何に固めるかで機械度合いを変えることができます。

ただミギーは機械ではないので、筋肉をあえて固めず、表情筋や舌の動きをむしろしなやかにしてみたらどうだろう……と試してみました。

これは作画に引っ張られたところがかなり大きいです。
あれ程ぐにゃぐにゃのべろんべろんに動くとなると、やはり肉っぽさがより必要になってきます。

http://ameblo.jp/hirano–aya/entry-12017670897.html
※続く

Pocket

【!?】人気声優が一流イラストレーターを目指すwwwwwww 『いらこん』新企画!!!

1: Rimeice ★ 2015/04/24(金) 13:10:22.14 ID:???

人気声優が一流イラストレーターを目指す 『いらこん』新企画  [ 2015/04/24 00:00 ]

〔 http://www.oricon.co.jp/news/2052015/full/ 〕

フジテレビで月1回、深夜に放送されているイラストコンテスト番組『いらこん』。
今月30日(深1:25~2:25)の放送回から新企画「声優イラストゼミナール」がスタートすることになった。

※新企画「声優イラストゼミナール」に参加する
明坂聡美(左上)、福原香織(右上)、徳井青空(左下)、久保田未夢(右下)
no title

人気声優の明坂聡美、福原香織、徳井青空、久保田未夢の4人が、
番組レギュラーのイラストレーター・岸田メル氏の指導のもと、
写生やデッサン、アシスタント体験など、さまざまな課題に挑戦しながら、一流イラストレーターを目指す。

普段から趣味でイラストを描いているほどイラスト好きの4人。
明坂は「絵を描くのは昔から好きだったので、メルさんのようなプロのイラストレーターさんに見ていただけるのが
すごくうれしいです。頑張って画力アップにつなげたい」と意気込む。
徳井は「芸能人イラスト予備校(3月まで放送されていた企画)で学んだことを生かして、
引き続き楽しいイラストを描きたいです。もっともっとうまくなるぞー!」とノリノリ。
久保田も「これを機に絵を描くことが特技です、と言えるように頑張ります」と張り切っている。

この4人は声優という枠を超えて食レポやコスプレにも挑戦する予定。
福原は「ロケで普段なかなか行けない所に行けるのも新鮮なので、チームのみんなと目一杯楽しみます!」とやる気満々。
普段あまり見ることのできない声優の素顔も楽しめそうだ。

同番組は、企業や団体から依頼を受けてキャラクターのイラストを募集し、
採用作品を生放送の視聴者投票によって決める公開オーディション方式のイラストコンテスト番組。
会員数1300万人を誇るイラストの投稿や閲覧に特化したソーシャルネットワーキングサービス「pixiv」と連動し、
pixivに登録している“クリエイター”と呼ばれる会員から作品を募集。投稿された作品の中から最終候補を絞り込み、
番組視聴者の審査採点によって生放送で最優秀作品を決定する。

司会のバカリズム、小島瑠璃子、岸田氏による各イラスト作品への鋭いコメントも見どころとなっている。

※バカリズム(中央)、小島瑠璃子(左)、岸田メル(右)
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150424/2052015_201504240237960001429801211c.jpg

Pocket